試験日はいつ?

試験日はいつ?

試験日はいつ?

ファイナンシャルプランナーの試験日とは、いつ頃なのでしょうか。
FP技能士やAFPやCFPの資格を取るためには「ファイナンシャルプランニング技能検定」を受けて合格する必要があります。
このファイナンシャルプランニング技能検定を主催する団体は「金融財務研究会」と「日本FP協会」の2つになります。

しかしこの試験日は、どちらの団体の試験を受けても試験日は一緒になります。
具体的に言うと、1月、5月、9月になります(受験する年度によって、日にちは違いますが、どちらの団体も「試験日」は一緒です)。
では、平成28年の5月の試験日を例にして、実際に試験を受けた場合のスケジュールを確認してみましょう。

平成28年の5月の試験は5月22日(日)で、当日になってから急に会場に行ってした。
ただも試験を受けることは出来ません。
ファイナンシャルプランナー技能士の試験を申し込む必要があります。

申込をするためには「受験申請書」を請求することが必要です。
こちらは、2月1日から3月24日まで、受験に必要な書類を請求することが出来ます(金融財務研究会や日本FP協会に問い合わせる。もしくは本屋にて書類を受け取ることも出来ます)。
その受け取った書類を3月10日から3月31日までに申請をすることが必要です。
ただ、最近ではわざわざ書類を請求する必要はなく、インターネットでの受験の申請が可能になってきました。
インターネットの場合は3月10日から3月31日までの間に、受験申請をすることが出来ます。

そして、受験票が5月2日に発送されて、5月22日が試験日です。
最後に試験を受けて、約1ヶ月後の6月29日が合格発表となるのです。
この合格発表は6月29日に、公式のホームページで確認することも出来れば、郵便で6月29日に発送してもらうようにもできるので、数日後には確実に合格しているかどうかが分かります。
そこから数日後に合格の証明書も届くことになるでしょう。
なので、受験を申請してから最大5ヶ月はかかるのが、ファイナンシャルプランナーの資格試験であるのです。

The following two tabs change content below.

ファイナンシャルプランナー講座運営事務局

ファイナンシャルプランナーに関する基礎知識は、こちらである程度得られるはず。資産運用などについて知り、自身のライフプランを見直してみましょう。

最新記事 by ファイナンシャルプランナー講座運営事務局 (全て見る)